コミュニケーションスキル

「コミュニケーションスキル」の有益情報をお届け!

やる気が出ない自分を変えるための心のメンテナンス

あなたのインナーチャイルドを癒し、自信をつけて、常にモチベーションを保ちやる気を引き出します。

カフェインなど9つの成分で朝がシャキッとする「intiグッドモーニングサプリ」




朝までグッスリ、朝からスッキリ。あなたの休息をサポートする【ツーブリーズ】



疲れたときこそ【手づくり にんにく玉】青森県産にんにく・しじみ・長命草・有精卵入り!

2010年11月20日

先に与えることの重要性

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ


本田健さんの著書
【ユダヤ人大富豪の教え】を
読んだことがありますでしょうか?(^^



マンガにまでなって
出版されたので、結構、有名な本です^^


a0001_012524.jpg


僕はこの本が好きで
5回ぐらい読んだことがあります。



その中でも有名な一文が
【君が提供したサービスの量と質=君が受け取る報酬額】
という文です。



これは、あなたが世の中に対して
与えたサービスの量と質が、
そのままあなたの受け取る報酬に等しくなる。
という、ま、そのままの意味ですが・・・・(笑)



報酬額という言葉が出てくるので
お金に関するビジネスの分野に
当てはめた言葉になっていますが



これを、あなたの普段の生活に
置き換えても当てはまることです。



報酬というのは
あなたが与えたものに対する
感謝の気持ちです♪



あなたが与えたものというのは
いろいろなモノがあります。



それは物であったり
知識であったり
そして、あなたの素敵な人柄からくる
気持ちだったり・・・・



そのあなたの持っているモノを
先に与えることによって
~~~~~~~~~~


それに共感してくれる仲間
人たちが増え



あなたは人生を楽しみながら
幸せで豊に生きることが
可能になるでしょう♪



そんなことを言っても
自分には何も与えるものなんて無い。
とお思いでしょうか?



そんなことはありません!



今まであなたが培ってきた
人生経験を必要としている人が
必ずいますよ^^



その経験が誰かの役に立ちます。



それが感謝のお礼として
あなたに与えられることになるんです。



あなたが何かを始め
学び、経験していく



その後ろには
あなたより遅く始めた人が必ずいます。



人間には
「他人から報酬やメリットを受け取ると
何とかその人にお返ししないと
気がすまないという感情が芽生えます。



これを「返報性の法則」と言います。



あなたが先に与えることによって
それに対する感謝のモノが
あなたに返って来るでしょう♪



それは感謝の気持ちだったり
賞賛の言葉だったり
報酬という「おひねり」だったり・・・・



そこから多くの人間関係が構築できてきます。



人脈ってもっとも大切な財産です!

人脈の力は不可欠です!



人間関係の恩恵を受けることって
とても素晴らしいことだと思いません?(^^)




最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは

オリト



ご感想、ご意見、ご質問等はこちらからお願いします♪
⇒ オリトへのメール


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


トップへ
posted at 18:52
Comment(3)
カテゴリー:コミュニケーションスキル
エントリー:先に与えることの重要性
2010年10月15日

世界の人々は繋がっているスモールワールド現象

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ


六次の隔たり理論というものをご存知でしょうか?
いわゆるスモールワールド現象というものなんですが(^^


a0990_001114.jpg



フジテレビのお昼の番組
【笑っていいとも!】
は観たことがありますよね^^


観たことがなくても
知っていることは知っていますよね(^^


あの番組の最初のコーナー
テレフォンショッキングは


電話で友達を紹介していって
友達の輪をつくり、
多くの人たちを繋げていこうという
要素が含まれているコーナーです。


横のつながりですね♪


あのような感じで
仲間とのつながりが出来ていくって
いいなあと思いませんか?(笑)


そんな中から結構な著名人、
有名人との知り合いが出来たりして(笑)


それが芸能人だったり、
また世界的に有名な音楽家だったり、
他の芸術家だったり
また人生での成功者だったり♪


そのような出会いがあれば、
とても素晴らしいですよね♪


そうなるとそれが、
あなたの人生にとって
素晴らしい転機になるかもしれません。


でも、自分には
そんな人脈なんてないよ・・・


なんて、あなたは思っていたりしますか?


いやいや、もしかすると
そんなことはないかもしれませんよ♪


ディズニーの曲でもスモールワールド(小さな世界)
という曲がありますよね


そう、世界は狭いんです(笑)


それを定義づける理論があります。
六次の隔たり理論というものです。
社会学上、有名な理論です。


これは、アメリカのハーバード大学の
社会学者スタンレー・ミルグラム教授
によって研究がされた理論です。


直接の知人を1次、知人の知人を2次、知人の知人の知人を3次・・・
とした場合、6次までの知人をつないでいけば


世界中すべての人と知り合いになれるという理論です。


つまり、平均約6人を経由すれば
世界中の誰とでもつながることができる。
ということを言っています。


地球は小さな世界という認識です。
これがスモールワールド現象なんですね♪


インターネットの世界では
このスモールワールド現象の結果に基づき
作られたサイトというのがSNSなんですね^^


有名どころではmixiなんかがそうですね^^


あなたも、このスモールワールド現象にのっかって
人生の転機となる仲間とつながりを持ってみよう!


なんて思ったりしてみません?(笑)



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは

オリト


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ



トップへ


2010年10月14日

良好なコミュニケーション術【バケツ理論】

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ


僕が読んだ本の中で
人と上手にコミュニケーションするために
とても勉強になった本があります。


尊敬する箱田忠昭先生の
「できる人」の話し方&人間関係の作り方
という本です。


どんな本なのかは
こちらから見ることができます♪
アマゾンで(笑)
⇒ 「できる人」の話し方&人間関係の作り方~なぜか、「好印象を与える人」の技術と習慣~ (「できる人」シリーズ)


この本の中に
良好な人間関係の構築方法として
「バケツ理論」というのがあります。


「バケツ理論」とは、
アメリカの心理学者ドン・クリフトンが発表した理論で


「すべての人間は大きなバケツをかかえている」


ということで、人はそのバケツに、
人からの称賛・肯定・認知・関心の水を溜めたい
と思っているんです。


たくさん溜まれば、その人は幸せになり、
カラになれば、その人は不幸になる。という理論です。


バケツにどんな水(記憶)が溜まっているかで、
その人の態度・行動が決定されるというのが、
ドン・クリフトンの「バケツ理論」です。


a0008_001294.jpg



箱田忠昭さんは、著書の中で、
ドン・クリフトンの「バケツ理論」をさらに発展させ
「箱田式バケツ理論」を考案しました。


それは
「人間はみんな目に見えない二つのバケツをもっている」
ということです。


ひとつのバケツには「黄金水」が溜まっていて、
もう一つのバケツには「泥水」がたまっている。
としています。


いわゆる、「黄金水」はポジティブ系で
相手を褒めたりして嬉しくなること。


「泥水」はネガティブ系で
相手に対して悪口だったり中傷するようなことです。


その各々が持っているバケツには
入っている水の量は人によって違っていて
その水の量は、他人によって決まってきます。


他人のあなたに対する行動や言動によって
「黄金水」と「泥水」が増えたり減ったりするわけです。


「黄金水」の量が多いときには、
人は幸せになり、明るくなり、楽しくなり、ヤル気も出てきます。


逆に「泥水」が多いときには逆にヤル気を失います。
ネガティブになっていくということですね。


「黄金水」は他人から受ける賛辞・褒め言葉・高い評価など、
肯定的な言動によって増えます。


「泥水」は他人から受ける非難・批評・悪口・叱責・無視などの
否定的な言動によって増えます。


「黄金水」をいっぱい溜めたバケツを持っている人は明るく、
エネルギッシュでヤル気に満ちており、


「泥水」がたくさんはいったバケツを持っている人は、
元気がなく、落ち込んでおり、すべてに否定的でヤル気を感じません。


これは外見からでもわかりますよね。


結局、元気のある人、ない人、陽気な人や暗い人、
ヤル気のある人、ない人はその人の持っている
「黄金水」と「泥水」の量によって決まってしまうということです。


また、バケツに水がいっぱいに
溜まったらどうなるでしょう?


バケツに「黄金水」が溜まってきて、(ポジティブ系ですね)
バケツがいっぱいになればこぼれますよね?
そのこぼれた「黄金水」はどこに行くと思いますか?


こぼれた水は、相手の「黄金水」のバケツに入っていきます。
逆に「泥水」がいっぱいになってこぼれたら、
相手の泥水のバケツに入っていきます。


あなたのバケツが「黄金水」でいっぱいだったとすれば、
その時、友人でも上司でも、あなたを褒めると、
「黄金水」をあなたのバケツに注いでくれたことになります。


あなたのバケツは「黄金水」で満杯ですから、
お礼をいうことによって、
相手のバケツに黄金水が注がれていきます。


逆に相手のバケツに「泥水」を注ぐと、
相手のバケツの「泥水」がいっぱいになり、


それがこぼれてあなたのバケツに
泥水が注がれることになります。


お互い「泥水」を注ぎ合って、
最悪の関係になってしまいます。


こういうことは、避けたいですね。


つまり、相手をハッピーにさせると、
自分もハッピーになれることがもらえる♪


相手の気分を害させると、
自分も気分的にネガティブになっちゃうってことですね。


では、今度はバケツが空になると
どうなるでしょう?


私たちは日常的に自分のバケツを
「黄金水」で満たしたいと思っているんですね^^


つまり、人から認められたかったり、
高く評価してもらいたいわけです。


でも、人はあまり熱心に
あなたに「黄金水」を注いでくれません。


当然ですよね^^
皆自分のことで精一杯であることが多いですから^^;


また「黄金水」に限らず
「泥水」もくれない場合があります。


この場合は、自分が持っているふたつのバケツに
「黄金水」も「泥水」も入っていないという
バケツが空っぽの状態です。


現実的に言うと
誰からも相手にされない。
無関心、無視されている状態です。


全くの孤独状態 = これを「水飢餓」といいます。


「水飢餓」になると、
人は何でもいいから水が欲しくなります。


「黄金水」を欲していながらも
せめて「泥水」でもいいから
自分のバケツに水を注いでもらいたいと思います。


つまり、わざと人に嫌われるような行動をするわけです。


ひねくれていたり、悪口をいったり、常に反対したり、
いつも怒っている人がそうです。


そのような人は、バケツが空っぽの時は、
せめて「泥水」でもいいから注いでもらいたいと思うようになります。


なので、協調性がなかったり、相手を罵倒したり叱責したり
関心をひくため、わざと嫌われるような行動を起こします。


自分のことではなくても
あまり気分のいいものではありませんよね・・・・・
周りにも悪影響を与えてしまいます。


結局、人間にとって最も必要な水は「黄金水」であって、
最も嫌いなものは、「泥水」ではなく、
水の全く入っていない「水飢餓」であるということです。


私たちは、常に他人に対して
丁重でいるべきだと思っています。


あなたの与えたものは
みんな相手のバケツの中に残っています。


プラスのものを与えれば、
必ずプラスのものが残っている。


マイナスのものを与えれば、
それも相手のバケツに残ります。


常にプラスのものを与えるようにしてほしいと思います。


a0001_008319.jpg


箱田忠昭さんは、著書の中で、
「最悪だった私の人間関係」と書いています。


僕が、この「バケツ理論」に感銘したのは、
実は僕もそうだったからなんです。


人間関係が最悪だったのは、
自分が常に「黄金水」が欲しいと願っていたためです。


「もっと認めてくれ」「俺はできるんだ」「みんな分かってくれ」
と「黄金水」を欲していました。


でも、求めれば求めるほど、黄金水は遠く離れていきます。
結果的にますます焦ります。


自己宣伝、自己顕示欲が強くなり、
ますます他人から批判され、「泥水」が増えていきます。
いわゆる悪循環です。


「他人に黄金水を注いでくれ」
といっても、そう簡単には注いでくれません。


そこで、発想を180度転換させねばなりません。


相手から注いでもうらおうとはせずに
つまり、相手のバケツに「黄金水」を注いであげることです。


相手のバケツに思いっきりたくさんの「黄金水」を注いであげると、
最終的にあなたのバケツは「黄金水」でいっぱいになるでしょう。


そして、やがてあふれ出てきます。
あふれ出た「黄金水」は、相手の心のバケツに戻って行きます。


結局、自分のバケツを「黄金水」で満たすには、
相手に「黄金水」を注ぎ、


まず相手のバケツを「黄金水」で
いっぱいにしてあげることです。


「黄金水」を与えることにより、相手を幸せにし、
ひいては自分の幸せになります。


あなたも自分の幸せのために、
相手に対して「黄金水」を注ごことを
心がけてはいかがですか?



最後まで読んでくれてありがとうございます♪



ではでは

オリト


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


参考書籍
書名:【「できる人」の話し方&人間関係の作り方】
著者:箱田忠昭




トップへ


やる気が出ない自分を変えるための心のメンテナンストップへ
心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか 〜 内気なあなたにも使える、人から好かれる11の秘密 〜



究極のモチベーションプログラム





やる気が出ないあなたのやる気を引き出す
目標を達成する究極の自己啓発プログラム
ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム

DM6タイトルmp.bmp

⇒ ダイナマイトモチベーションの説明