幸せマインド

「幸せマインド」の有益情報をお届け!

やる気が出ない自分を変えるための心のメンテナンス

あなたのインナーチャイルドを癒し、自信をつけて、常にモチベーションを保ちやる気を引き出します。

書けば書くほど願いが現実化する!人生が変わる魔法のことば 7日間プログラム




孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】


無料メルマガ インフォマグ
2010年09月27日

ありがとう

こんにちは♪オリトです^^
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ


日々、「ありがとう」という言葉を発していますか?


a0001_000274.jpg


ありがとう


当たり前ですが、感謝の意を表す言葉ですね♪


常に感謝するということを
忘れてはならない


ということを、多くのビジネス書や
自己啓発書でも書かれてあることですが


再確認のためにこの言葉を取り上げました。


この「ありがとう」という言葉は
五日市剛さんの【ツキを呼ぶ魔法の言葉】として有名ですよね。


五日市剛さんの書籍では
この「ありがとう」という魔法の言葉の使い方には
ちょっとしたコツがあると書かれています。


それは、嫌なことがあったら


「ありがとう」


と言う。


文字通り、「難が有る」ときに「有り難う」といいましょう♪
ということです。


不幸は重なるもので、
でも、「ありがとう」ということで、
その不幸の連鎖が断ち切られ、
逆に「いいこと」が起こるそうです♪


「ありがとう」という言葉はプラスのイメージの言葉です。


つまり感謝の言葉を心がけることによって、
「脳」に「快」のイメージの情報が伝わり、
脳のコンディションを改善していくみたいですね^^


それが、顔の表情にも表れ、
口角もあがり明るくなっていくのでしょう。


もし、あなたがネガティブ思考が強い人なら
この「ありがとう」という言葉を発することで、
あなた自身が変われるかもしれません。


五日市さんの書籍では、
この感謝の言葉を発してツキが回ってきた人や
成功された方が多いようです^^


おそらく「ありがとう」というプラス思考が、
良いことを引き寄せたのでしょう^^


だから、感謝の気持ちを
忘れずに心の中に持っておきましょう♪


ではでは


オリト


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ




書名:【ツキを呼ぶ魔法の言葉】
著者:五日市 剛


トップへ

posted at 10:18
Comment(0)
カテゴリー:幸せマインド
エントリー:ありがとう
2010年09月25日

キミのほうが蚊よりもデカいじゃないか

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ



石井裕之さんの著書
【ダメな自分を救う本】
に載っていた話です。


彼女は当時、海外で仕事をしていたのですが、
ちょうどその国では、
蚊による疫病伝染の可能性が
テレビなどで取り沙汰されていました。


そういうことを聞いていたから、
彼女は、蚊が飛んでくると大騒ぎで逃げ回っていたのです。


a0006_000163.jpg


ある日、職場にいた男性がそんな彼女を見て
「キミのほうが蚊よりもデカいじゃないか」
と笑ったそうです。


疫病の問題にデカいとか小さいとかという
幼稚な話を持ち出したのがおかしいのだけれど、


それでも、こんなにちっぽけな蚊に怯えて
デカい大人が逃げ回っているなんて
やっぱり考えてみれば滑稽です。


彼女も一緒に笑い出してしまいました。
その冗談で、彼女の気持ちはスっと楽になったそうです。


蚊を過剰に恐がる気持ちが一気に和らいだということです。


つまり、彼女は、自分が蚊よりもデカいんだという
本来当たり前のことを心の中に取り戻したんですね。


何かを笑えるとき、あなたの心は
その問題となる何かよりも
必ず広く大きくなっているんですね。


気の小さい人、心の狭い人は、
心から笑うことができません。


ちょっとした冗談にも
腹を立てたり、傷ついたりします。


あなたの周りにも、そういう人はいませんか?
もしかして、あなたがそう?


これって、自分をどんどん苦しめる結果になりますね。


心が広いとか狭いという表現がありますが、
これは文字通りの意味です。


心が広い人というのは、
心の本来の大きさを知っている人、


心の狭い人は、
せっかくの大きな心の隅っこに
縮こまっている人です。


あなたがもし、
怖いと感じる、不安に思う、
何かにカッとなってしまうとしたら。
その理由はたったひとつです。


あなたの心が、
あなたの置かれた状況よりも
小さくなってしまっているから。
それだけです。


自分が置かれた状況よりも
自分の心が小さくなってしまっていては、
後はどんなことをしてもムダです。


要は、心の持ちようです。


あなたの方が蚊よりデカいんですよ。
自信を持ちましょう。


ではでは

オリト



人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ



書名:【ダメな自分を救う本】
著者:石井 裕之

トップへ
posted at 10:18
Comment(0)
カテゴリー:幸せマインド
エントリー:キミのほうが蚊よりもデカいじゃないか
2010年09月22日

ハンドルから手を離すな!

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ


あなたは、あなたの人生を誰か他の人から左右されていませんか?


a0001_012264.jpg


対象として考えるものが
少し飛躍しすぎるかもしれませんが、


あなたは、あなたの人生という
車のハンドルをしっかり握っていますか?


自分の力量が、
その対象となるものに達していないときに、
安易に手を出してはいけないということです。


たとえば、親しい友人か、
あるいは信頼のおける人から、


「ものすごくいい儲け話があるからやらない?」
と誘われたとします。


ただ、信頼する人が言うものだからという理由だけで、
その儲け話に手を出してはいけないのです。


その儲け話には、
どういうリスクがあって、
どういうメリットがあるのか、
あなたが自身で理解できるかどうかが問題です。


たしかに勧めてくれた人を
あなたは信じているのだけれど、


でも、その人本人だって
誰か心無い人に騙されているのに
気づいていないだけかもしれないのです。


その内容について、
あなた自身がきちんと理解していない場合は、
手を出すのを止めた方がいいでしょう。


そして、力が及ばないと
分っていることに手を出すということは、
自分の人生に対する責任を放棄したことになるのです。


自分で理解できないことや、
自分で最後までやり遂げることができない
と解っていることには手をつけない。


あなたの人生のなのだから、
最後の最後まであなたは
ハンドルから手を離すわけにはいきません。


ところが、自分の人生のハンドルを手放し、
フラフラと蛇行する人生の中で
「どうしよう、どうしよう」と
あたふたしているだけの人たちが、
あまりにも多すぎるのです。


あなたの人生という車は、
故障することもあるでしょうし、
道に迷い込むこともあるでしょう。


しかし、あなたが、
ハンドルから手を離したら、
誰も代わりに運転をしてくれる人は
いないのだということを、
どんなときにも忘れないでいてください。


こういう姿勢を、
石井裕之氏はこの著書【7日間でキラキラになる】で
「人生のハンドルを握る」と表現しています。


ところで、「自分が理解できていないことは安易に手を出さない」
ということのバランスとして


「同時に「自分にできることは、全力で実践する」
という心がけも、もちろん、怠ることは許されません。


つまり、できることからやる。
そうすることで、あなたの力量を増やしていくことなんですね。


ではでは

オリト


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ



書名:【7日間でキラキラになる】
著者:石井裕之


トップへ
posted at 10:18
Comment(0)
カテゴリー:幸せマインド
エントリー:ハンドルから手を離すな!
やる気が出ない自分を変えるための心のメンテナンストップへ
心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか 〜 内気なあなたにも使える、人から好かれる11の秘密 〜



究極のモチベーションプログラム





やる気が出ないあなたのやる気を引き出す
目標を達成する究極の自己啓発プログラム
ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム

DM6タイトルmp.bmp

⇒ ダイナマイトモチベーションの説明