幸せマインド

「幸せマインド」の有益情報をお届け!

やる気が出ない自分を変えるための心のメンテナンス

あなたのインナーチャイルドを癒し、自信をつけて、常にモチベーションを保ちやる気を引き出します。

書けば書くほど願いが現実化する!人生が変わる魔法のことば 7日間プログラム




孤立する事なく、敬意を持って関わってもらう事ができ、女性に好かれ、男性に好かれ、回りの人間から必要とされる。他人にコキ使われる事なく、有利に楽しく生きていくために必要となる、具体的な考え方と、その方法。【福音書】


無料メルマガ インフォマグ
2010年09月20日

完璧を求めない

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ


「完璧主義者は幸せな人ではない」
アメリカの自己啓発著述家ジェリー・ミンチントンの言葉です。


その理由として指摘してきた
完璧主義者に共通する傾向をいくつか挙げました。


a0002_001517.jpg


●他のだれよりもきちんと物事を処理できると信じているために、
よけいな仕事をたくさん背負い込む
●物事の決定に悩み抜く
●絶えずミスを探し求め、いつもミスを発見する。
●最悪なのは、何事も完璧にこなす能力を
自分の人間としての価値と同一視することである。
このために、完璧主義者は自分を一級の人間だとは
なかなか思えなくなっている。
(本文より)


完璧という言葉には、
確かに魅力はありますが、


実際、仕事をしている上では、
とても窮屈だし、完璧を求めている人との仕事は辛く感じます。


それがかえって失敗の原因にもなりますね。


どのような仕事を実践するとしても、
それに相応の完璧さというものがあります。


例えば、脳外科の手術は
芝刈りよりもずっと高度な技術が必要になるという例ですが、


要は、どの程度の完璧さが
その仕事に必要になるかを事前に見極める、
理解しておくということが必要ということですね。


どの程度の完璧さが必要かがわかれば、
その仕事にあった心構えで取りかかれます。


あなたの目標は何もかも完璧にこなすことではなく、
むしろそんなに完璧を求める必要がないことを
理解することが必要だと思います。


もう少し、ラフに考えてもいいんじゃないでしょうか?
ラフ過ぎるのも問題ですけどね(笑)


もう少し多角的に視野を持って取り組んだ方がいでしょうね。
僕の経験上、完璧な人は視野を狭くしているように思えます。


自分にとって現実的な基準を設定することが賢い方法だ。
ジェリー・ミンチントン


ではでは


オリト


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ



書名:【うまくいっている人の考え方】
著者:ジェリー・ミンチントン  訳 弓場 隆


トップへ
posted at 10:18
Comment(0)
カテゴリー:幸せマインド
エントリー:完璧を求めない
2010年09月12日

人間は何のために生きている?

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ



「人間は何のために生きているのでしょうか?」
「きまっているじゃないか。他人のためだよ」


これは、
アインシュタイン博士と
そのお弟子さんの会話です。


この言葉は真理であると思います。


a0006_001464.jpg


誰でも何かを他人に与えて生きています。


与えるものが多ければ多いほど
反対給付としての報酬も多くなります。


与えるものがあればあるほど
得るものも良いものとなります。


このように考えると
やはり、良いものを多く得ようとすれば
できるだけ良いものを多く与えることが必要だ。
ということになりますね。


話は変わりますが
僕が尊敬してやまない
箱田忠昭先生のこの書籍


【「できる人」の話し方&人間関係の作り方】


には、僕の大好きな『バケツ理論』の話が掲載されています。


人は誰でも2つのバケツを持っていて
それぞれ「黄金水」と「泥水」を与え合っています。


他の誰かに「黄金水」を与えれば与えるほど
あなた自身に「黄金水」は返ってきます。


またその逆に「泥水」を与えると
あなたに「泥水」が返ってきます。


イメージでわかるように
「黄金水」はとてもきれいで気持ちのいいもの。


「泥水」は、汚れていて悪意のあるものです。


このバケツ理論は
豊かな人生を構築するために必要なことなんですね。
(※バケツ理論は次の記事でも紹介します。 )


是非、一読することをお勧めします。


ではでは

オリト


人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ



☆参考書籍
書名:【「できる人」の話し方&人間関係の作り方】
著者:箱田忠昭


トップへ
posted at 10:18
Comment(0)
カテゴリー:幸せマインド
エントリー:人間は何のために生きている?
2010年09月11日

困ったことは起こらない

こんにちは^^オリトです♪
励みのためにぽちっとお願いします。
人気ブログランキングへ



成功するためには、
苦労する必要などない。
という斎藤一人さん。

a0001_009295.jpg



斎藤一人さんが、
「変な人が書いた成功法則」
という本を書いたのは


才能があるけど成功しない人、
一生懸命努力をしているけれど
その努力が実らない人、


苦労ばかりしているけど
全然いいところがないという人が
ほとんどの中で、


あなたは決して苦しむために生まれてきたのではないこと、
あなたがあなたのままで楽しく成功への道を歩いていけるということを、
知ってもらうために書いた。と言っています。


苦労せず、楽しく成功への道を歩く秘訣は、
困ったことが起きたとき、
声を出して自分自身に問いだ出すことだと言っています。


「私は本当に困っているのか」とそして、
「私は本当は困っていない」
とそう思えたとき、
あなたは成功への道を一歩踏み出したことになります。


これはいろいろな方法論よりも、
あなた自身の考え方が大事である。ということで


つまり、心を広く持って、
心を豊にしてあなた自身を向上させていかなければならない。
ということなんです。


あなたの中で常にネガティブ的な思考ではなく
「困ったことは起こらない」


そう考えたときに、現実が変わってきます。


これもひとつのポジティブシンキングでしょうか。


ではでは

オリト



人気ブログランキングに参加しています。
ポチっとお願いします♪
人気ブログランキングへ


☆参考書籍
書名:【変な人が書いた成功法則】
著者:斎藤 一人


トップへ

posted at 10:18
Comment(0)
カテゴリー:幸せマインド
エントリー:困ったことは起こらない
やる気が出ない自分を変えるための心のメンテナンストップへ
心理学博士&カウンセラー古宮昇が教える!なぜあの人は誰からも好かれるのか 〜 内気なあなたにも使える、人から好かれる11の秘密 〜



究極のモチベーションプログラム





やる気が出ないあなたのやる気を引き出す
目標を達成する究極の自己啓発プログラム
ダイナマイトモチベーション6ヶ月プログラム

DM6タイトルmp.bmp

⇒ ダイナマイトモチベーションの説明